24日 9月 2021
紋は丸に垂れ藤。お弟子さんの服を掛けてもらうようにお稽古部屋に付けてあります。 紋は全てコンパスで描かれた○だけで組みたてられたものだとNHKの番組「デザイン あ 」で知り感動しました。 番組では歌等の合間に白紙から紋が完成するまでが映像で流れるのですが紋描ぎだけでも成り立つのでは?と思くらい飽きません。...
23日 9月 2021
毎回何かしら暗譜してきてくれるお弟子さん。楽譜を見て10曲弾くより1曲暗譜で弾く方が何倍も価値があり大切な事だと思っています。 暗譜は沢山の練習が必要ですが、集中力、忍耐力、再現力…等色々な力が身に付きます。寧ろ暗譜作業をしないと養われないものかもしれません。...
22日 9月 2021
娘さんとの共演、ママにとってはこんなに楽しく嬉しいことはありません。 私も娘がいるのでわかります。ずっと続くと良いですね。私も二人で楽しくできるよう指導がんばります
07日 9月 2021
我が社中のメンズ二人目はお医者さん、業務は超多忙らしく頭が下がります。閉院後、クリニックにて練習、箏の音が癒しとなり箏でリフレッシュしお仕事頑張れるそうです☘️ 私は命を救ったり病を治す事はできません。このコロナ禍(世の中)を生きる上で箏(音楽)は無くても良い物なのかもしれない、と思ったりもしましたが...
07日 9月 2021
名前入りハンコ、可愛い箱があったので入れてみました。楽譜に押したら馴染んでいるかといえば馴染んでますが…次回は裏に押そうかな… RURUハンコ https://minne.com/@rurupiano #名前入りハンコ #手作りハンコ #和の小物 #琴#お琴#箏曲#三味線 #お琴教室 #横浜市鶴見区 #横浜のお琴教室#横浜の三味線教室 #横浜市港北区 #川崎市お琴教室...
06日 9月 2021
【さらし風手事】 1952年 宮城道雄作曲 近代邦楽における「さらし」のモチーフが随所にあしらわれています。 指運びが素直で演奏家の作品ならでは、演奏技術が盛り沢山で弾き応えがありながらも大変弾き安い曲です。 弾いていても(練習が苦痛でない)聴いていても楽しくなってくる曲で、 お箏を嗜む方は流派を問わず1度は弾いてみたい曲なのではないかと思います。...
01日 9月 2021
お箏の腹巻きをゆりの柄にしました。これを抜く時左右に滑らすと掃除もでき、艶も出るし、表面に糸道が着くのを防ぎます。永く良い状態で楽器を保つ上で絶対大切な物です。 時々していない方がいると、必要性を独り熱く語ってしまう時があります。 YouTubeや画像で箏を弾いている付近に埃がついていると少し残念な気持ちになります。...
31日 8月 2021
お稽古場の玄関窓から【夏】 実はお稽古場は駅から遠く長く急な坂の上にあります………運動不足解消、良いお散歩と言って、暑い中遠方から通って来てくれる生徒さんにはやはり感謝で一杯です。...
20日 8月 2021
タウンニュース鶴見区版に掲載していただきました。ありがとうございました。 (詳しくは⬇️) https://www.townnews.co.jp/0116/2021/08/19/587641.html #タウンニュース鶴見区版 #人物風土記
12日 8月 2021
昨日は小、中、高校生を中心とした「夏の箏発表会」を開催しました。残念ながら箏曲部発表は録画映像となってしまいましたがとりあえず中止とまでは至らず良かったです。 我が社中からは皆が弾きたがっていた鬼滅の刃の「炎」🔥と中井智也さん作曲の夏ならでは「百々花火」🎆を暗譜で発表しました。...

さらに表示する